紅葉が映える九年庵(佐賀) 2018秋の限定公開 年に2度の一般公開 

九年庵

国の名勝指定・九年庵は、春の新緑の時期、秋の紅葉の時期の

年に2度だけ一般公開されます。

 

秋の公開は、9日間の限定です。

 

広大な敷地に趣のある数寄屋造りの建物を囲んで、

庭一面に広がる苔と深紅の紅葉が魅せる景観は、一見の価値ありです。

 

 

スポンサードリンク

九年庵とは

九年庵は、佐賀の大実業家 伊丹弥太郎が明治25年から9年の歳月をかけ

築造したことから名付けられた庭園です。

 

6800㎡もの広大な敷地に茅葺きの数寄屋建築の邸宅を囲むように

130本以上のツツジやもみじなどが植栽されています。

 

また、庭一面に 絨毯を敷き詰めたように緑の苔が広がっています。

九年庵は、国の名勝指定を受け、年に2度一般公開されています。

 

 

 

 

紅葉が映える九年庵 秋の限定公開概要

九年庵は期間限定で一般公開されます。

 

期間    平成30年11月15日(木)~11月23日(金・祝)

時間    午前8時30分~午後4時

料金    300円(中学生以下無料)

入園手順  本部テントにて入園整理券(当日配布)をもらい、入園します。

一度に入園する人数は限られていますので注意してください。

問い合わせ先  神埼市観光協会  TEL0952-37-0107

 

 

 

スムーズに入園し、楽しむには

九年庵の庭一面に敷き詰められた緑の苔と色鮮やかな紅葉との

コントラストは、それはそれは見事です。

 

九年庵の秋の限定公開を心待ちにしている観光客も多くいますが、

公開期間は」、わずか9日間です。

期間中は、かなりの混雑が見込まれます。

 

特に、土・日曜日は想像以上の混み具合です。

10時頃には、行列ができていることもあります。

平日でも タイミングによっては1時間待ちということもあります。

 

 

スムーズに入園するには、

整理券をもらっての入園になりますが、

一度に入園できる人数に制限がかかりますので、

朝早く8時過ぎころまでに来園することをおすすめします。

 

朝の早い時間に入園できれば、人混みに押されることなく、

ゆっくり紅葉の観賞ができますし、写真を撮ったりして楽しむことができます。

 

 

混雑のなかでは、トイレにも長蛇の列が予想されますので、

入園前に済ませておくことをおすすめします。

 

お庭だけではなく、佐賀嬉野のお茶など ご当地ならではの出店も

たくさん並んでいますので、是非楽しんでください。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

秋限定公開の九年庵に一度は足を運んで

紅葉鑑賞をしてみてほしいです。

9日間限定公開ですので、余裕をもって おでかけください。

 

 

 

 

また、同地域に吉野ケ里遺跡がありますので、

ぜひ立ち寄ってみてください。

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>