大塚国際美術館のおすすめの理由は?所要時間は?

鳴門の渦潮
徳島県鳴門市にある大塚国際美術館に一度は行ってみた方がいいと
評判になっているそうです。

ここでは、大塚国際美術館のおすすめの理由をお伝えします。

スポンサードリンク

大塚国際美術館のおすすめの理由は?

大塚国際美術館は、世界の名画を陶板画で再現した美術館です。
世界25ヵ所国の美術館が所蔵している1000点以上もの西洋名画を陶板ににより
原寸大に再現し展示しています。

海外旅行をしなくても日本にいながらにして世界中の名画を鑑賞できるのが
一番のおすすめの理由になります。

中でも訪れた人の誰もの声をうならせるのが、システィーナ礼拝堂です。
細かな天井画が圧巻で厳粛なきもちになり特に素晴らしいと感じます。

他にもピカソの「ゲルニカ」、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、
レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」「最後の晩餐」など
美術に疎い人でも一度は教科書などで目にしたことのある見ごたえある作品揃いです。

「最後の晩餐」は、修復前、修復後の二つの作品を見比べながら楽しむことが
できます。
天井
全ての作品が陶板画ですので、写真撮影もできますし、さわることもできます。

本物の場合、近寄れないように柵があったりしますね。
写真撮影も触れることも厳禁なので、ここが大きく違うところです。

名画をバックに自由に写真が撮れるなんて楽しいですね。

さらに、卓越した非日常の素敵な空間に癒されること間違いなしです。

館内にはレストラン設備も充実していますので是非利用してみてほしいです。

いくつかあるレストランの中でも、

モネの「大睡蓮」の展示作品の前に本物の水蓮の池があり、
その池を眺めながら食事ができるレストランがおすすめです。

「最後の晩餐」や「フェルメールの食卓」などの名画や画家にちなんだ料理を
楽しめるレストランもあります。

館内には、案内役のロボット「アートくん」が常駐していますし、
学芸員さんに案内・解説をお願いすることもできます。

また、ここでしか手に入らないお土産を売っているショップもあります。
ミニサイズの名画の陶板画などは、魅力的です。

レプリカと言えど、世界中の名画を一度に見られるのは大変貴重です。

好きな絵に出会えたら、これを機に本物を見に海外に出かけてもよいですし、
本物では絶対に実現しないツーショットの写真撮影も楽しめます。

以前、本物の絵画を鑑賞したことがあれば、その時の思い出に浸ることも
できます。

複製とは言え、世界の名画が見られるのは大変貴重だと思います。

好きな画に出遇えたらこれをきっかけに本物を見に行くのも良し、
どの画が一番好きかを語り合うのも良し、
本物では許されない、ツーショット写真を取ってみるも良し、
海外で見た画を前に思い出に浸るも良し、
大塚国際美術館ならではの色々な楽しみ方ができます。

一度は行ってみた方がいいよと言われるおすすめの理由が
たくさんありますね。

スポンサードリンク

鑑賞の所要時間は?

1000点以上の作品が展示されていますので、
大塚国際美術館の館内はたいへん広いです。

じっくりすべてを鑑賞していくと、おそらく一日では足りないでしょう。
まだ全部を見終えていないからと、二度三度足を運ぶ人もいるようです。

自分のお目当ての作品を先に鑑賞し、残りの時間を他の作品に触れていくという
人もいます。

そんなにしていてもざっと4時間はかかるというのが訪問者のほとんどです。
それにランチの時間を加えると5時間は見ていた方がよいでしょう。

この大塚国際美術館だけで、一日、十分楽しめます。

ですから、日程も余裕を持っていた方がよいです。

入館料が日本一高いと言われています。
そのため、入館前はそのことを不満に思う人もいるでしょうが、
館内で多くの貴重な作品に触れた後は、みんな満足しているようです。

ちょっと入館して、さっと観る・・・ではもったいないです。

じっくり鑑賞できる時間を確保しておくことをおすすめします。



大塚国際美術館、プチ情報

・大塚国際美術館の入館料は美術館の入館料では日本一高いと言われていますが、
コンビニで前売り券を購入するとやや割引されます。

また、年に一度浴衣で入館すれば無料という日もありますので、
ホームページなどで確認しておくといいですよ。

・館内が広いので、ヒールの高い靴ですと、かなり疲れます。
来館の際は、スニーカーなど楽な靴を履くことをおすすめします。

・たくさんの絵画の中で必ず見たいものを事前にチェックして計画を立てておくと
よいです。

・駐車場と本館との距離がややありますが、シャトルバスが運行されていますので、
利用しましょう。

・システィーナ礼拝堂で「システィーナ歌舞伎」が演じられることがあります。
この公演日には館内の一部の施設が休みになることがありますので、
確認しておくとよいて゛すよ。

まとめ

大塚国際美術館のファンは多いと言います。

おすすめの理由をみれば、一度は訪れてみたい美術館ですね。

世界で唯一の美術館、あなたも足を運んでみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>